大人の矯正歯科(大人から始める歯の矯正にかかる期間・費用・種類について)

大人の矯正歯科(大人から始める歯の矯正にかかる期間・費用・種類について)

みなさんは「矯正治療」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

  • 金属のワイヤーが目立つので恥ずかしい
  • 歯にいろいろ装置がついていてご飯が食べにくそう
  • ワイヤーや装置があり歯ブラシがしにくそう
  • 痛いと聞くので嫌だな
  • 大人になってから矯正治療をするのに抵抗がある

確かに矯正治療により、歯を動かしていくので、そういった負担がかかることは仕方がありません。
しかし、そういったことが嫌で矯正治療を諦めてはいないでしょうか?

新井歯科の大人の矯正歯科治療について

大人の方であっても、口元のコンプレックス解消のためや、虫歯・歯周病予防のために矯正歯科治療を始められるケースがあります。
基本的に矯正歯科治療に年齢制限はありませんので、大人の方もお気軽に当院へご相談ください。

茨木市の新井歯科では、大人の方の矯正歯科治療として、次のような方法・装置を取り揃えております。
大人の方の場合「矯正装置が目立つのは嫌」という方も多いのですが、そうした方でも安心な「目立ちにくい装置」も各種ご用意しています。
また歯並び全体ではなく、気になる部分の歯並びだけを整えたいという場合には部分矯正で対応可能です。

歯並びのお悩みに大人も子供もありません。
矯正歯科治療に興味がございましたら、年齢を気にせずに当院へご連絡ください。

インビザライン

インビザライン

インビザラインとはマウスピース型矯正装置で、透明なマウスピースを定期的に取り換えて歯並びを整えていきます。
装置が目立ちにくいのが特徴で、ご自宅で取り外せるので食事・歯磨きはいつも通り行えて、通常の方法よりも治療中の痛みが少ないとされています。

当院はインビザラインの認定クリニックですので、患者さんお一人おひとりの歯並びの状態に合わせて、ベストな治療方針をご提案させていただきます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー・ブラケットという、矯正歯科治療で最も一般的に使われる装置を使って歯並びをきれいに整える方法です。
幅広い歯並びのお悩みに対応することができます。

装置が目立つのが心配な方のために、クリアタイプのブラケットもご用意していますので、口元の見た目を心配せずに矯正歯科治療を受けていただけます。

部分矯正

部分矯正

前歯だけなど、歯並びが気になる部分だけを矯正する方法です。
歯並び全体を整えるのと比べて治療期間が短く、費用も抑えられます。
ただし、歯並びの状態によっては適応とならない場合もありますので、一度歯並びを診させていただいた上で適切に判断いたします。

矯正歯科治療にかかる期間について

新井歯科では大人の矯正歯科治療として次のような方法に対応していますが「どのくらいの期間で治療は終わるの?」と気になる方も多いと思います。
患者さんの歯並びの状態などによって期間は変わってきますが、それぞれの方法の治療期間の目安は以下の通りです。

インビザライン

透明で薄くマウスピース型矯正装置を使って歯並びを整えていく方法で、装置が目立つのが心配な方におすすめです。
治療中の通院頻度は1~3ヶ月に1回くらいのペースで、治療期間の目安は1~3年程度です。

ワイヤー矯正

歯の表側にワイヤー・ブラケットを取り付けて歯を動かす方法で、幅広い歯並びのお悩みに対応可能なのが特徴です。
治療中の通院頻度は1ヶ月に1回程度のペースで、治療にかかる期間の目安は1~3年程度です。

部分矯正

前歯だけなど部分的に矯正を行う方法で、低コストで矯正歯科治療が受けられます。
治療範囲が部分的なため、通常の矯正治療よりも期間が短く、短い場合で半年程度で治療を終えることが可能です。

なかでも新井歯科がオススメする矯正歯科治療は、マウスピース矯正です

なかでも新井歯科がオススメする矯正歯科治療は、マウスピース矯正です

マウスピースと聞くと、ボクシングやアメリカンフットボールなどの激しいスポーツ競技で使用しているものを想像されるかもしれません。しかし、矯正で用いるマウスピースはうすい透明のもので、歯の型を取りその人に合ったオリジナルのものを作成します。

歯を動かすように、少しずつ力がかかるように作られたマウスピースを装着する。
そして、歯が少し動けば、さらに歯が動くように次のマウスピース を装着する。

はじめにお口の歯の方を取って、何枚も作られたマウスピースを2週間ごとに交換していき歯を動かしていくのが、マウスピースによる矯正の仕組みです。

透明のマウスピース型矯正装置は、ワイヤーを使用しないため、矯正をしているのが目立ちにくいです。
また、取り外しができるので、食事の制限はなく、普段通りに歯ブラシやデンタルフロスも使用できます。
さらに従来のワイヤー矯正と比べて痛みが少ないことや、金属アレルギーの心配もありません。

ワイヤー交換は歯科医院で行いますが、マウスピースの取り外しや交換はご自身で行っていただきため、きちんと使用時間や使用方法が守られている方は、通院回数が少なくすみます。
また、歯にあったマウスピースをつけるので、ホワイトニング用のお薬を用いて、ホワイトニングも同時に行うことができます。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

  • 目立たない、見えにくい
  • 快適で話しやすい
  • 装着時の痛みが少ない
  • 取り外しが可能
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 通院回数が少なくてすむ
  • 同時にホワイトニングもできます

当院のマウスピース矯正の種類

当院のマウスピース矯正の種類

「マウスピース矯正」と調べると、最近ではキレイライン、アソアライナーなどいろいろな種類のマウスピース矯正が出てきています。
どれがいいというわけではありませんが、当院ではマウスピース矯正の先駆け、世界中で使用されていて最も症例数が多く、信頼もできる、アラインテクノロジージャパンの「インビザライン」というマウスピース矯正を導入しております。

当院は、インビザラインの認定歯科医院です

インビザラインは、1997年にアメリカのアラインテクノロジー社により開発され、世界中でのべ800万人を超える方が受けてこられた実績があります。

歯型を取り、その人にカスタムメイドで製造されたマウスピースを1日20時間以上装着し、約2週間で新しいものに交換していくことで、歯を少しずつ動かしていきます。
2週間ごとのマウスピースの交換はご自身で行っていただきますので、歯がきちんと動いているか、装置が取れたり浮き上がったりないかなどの定期的なチェックは、1〜3ヶ月に1回ですみます。

使用方法など、患者さん自身にお願いするところが大きいマウスピース矯正ですが、きちんと使っていただければ、目立たず、快適に、そしてきれいに歯を動かすことができます。
キレイな歯並び、噛み合わせにより、素敵な笑顔お手に入れてみませんか?

矯正ができるかどうかなどの初回の相談は無料で承っております。
少しでも歯並びが気になる、マウスピース矯正でできるかみて欲しいなど、どのようなことでも気軽にご相談ください。

マウスピース矯正を始めるにあたっての事前に必要な詳しい検査内容(矯正用精密検査)について

矯正を始めようと思うからには、それぞれ理由があると思います。

  • 歯並びがガタガタしていて気になるから
  • 歯が出っ歯になっているて気になるから
  • すきっ歯なのが気になるから
  • 奥歯の噛み合わせが悪く、噛みにくいから

いろいろな理由はあると思いますが、その根底には「キレイな歯並び、噛み合わせにより生活の質を上げたいから」というものがあると思います。

すなわち

  • 笑顔が良くなる
  • 歯ブラシがしやすくなる
  • 食べ物が食べやすくなる

などです。

歯の並びが悪い、噛み合わせが悪いにはいろいろな種類があります。

出っ歯?受け口?歯がガタガタしている?あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?
あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?
あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?
あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?
あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?
あなたが気になる歯の並びはどのようなものでしょうか?

実際、この歯並びに当てはまる場合、矯正治療を考えられると思います。
では、すぐに矯正治療ができるのでしょうか?

矯正を始める前には、様々な検査や資料が必要になります。
まずは矯正治療をスタートさせるために、現在のお口の中の状態を見させていただく必要があります。

矯正をする前は、虫歯や歯周病がない状態でなければなりませんので、もし治療が必要でしたら、矯正をする前に治療をします。

そして、実際どのような歯並びなのか、顎の骨は大きくないか・小さくないか、顎の骨と歯の位置関係に問題がないのか、顔の真ん中から歯の並びはずれていないか、歯の大きさは大きすぎないか、小さすぎないか、動かせない歯(インプラントやブリッジでつながっている歯など)はないか、舌が大きすぎないか、お口の周りの筋肉に問題はないか。

書き出すとキリがないですが、これらを見定めてから矯正治療をする必要がありますし、場合によってはできない場合があります。
例えば、すごく下の顎の骨が前に出ている受け口の方の場合、いくら歯をキレイに並べても顎の位置は動かせないため、矯正治療と同時に顎の位置を引っ込めるための手術が必要になる場合もあります。

矯正治療を始めたのにはがうまく並ばない、他に原因があった、なんてことにならないように、矯正治療を始める前には、しっかりとした診査・診断が必要になります。

マウスピース矯正(インビザライン)を始める前の検査

矯正治療を始めるにあたっては、しっかりとした検査をさせていただき、診断、治療計画を立てるためにお時間と費用をいただいております。

「キレイな歯並び、噛み合わせにより生活の質を上げる」ために、じっくり検査をさせていただき、キレイな歯並びになるために共に頑張っていきましょう。

自分の歯並びは矯正できる?
どのように矯正はするの?
など、些細な質問でも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

矯正の相談のみは、無料で受け付けております。

1まずはお顔全体や、お口の中の細かな部分のお写真を撮ります

その写真を見ながら、歯並びとお顔全体のバランスをみたり、全体的な歯の並びの確認、奥歯はしっかり噛んでいるか、前歯はどれだけ出ているかなどを確認します。

2次にレントゲン写真を2種類撮ります

パノラマデンタルX線写真はお口全体を撮影するもので、歯ぐきの中に隠れていて矯正治療に邪魔になりそうな親知らずはないか、インプラントやブリッジなど動かせない・動かしにくい歯がないか、お口の中ではわからない根っこが膿んでいる歯がないか、部分的に進んでいる歯周病はないか、顎の関節に変形はないかなどを確認します。
セファロレントゲン写真は頭全体を正面や真横から撮影するもので、上の顎や下の顎の骨の大きさは問題ないか、上下の顎の位置関係は問題がないか、顎に対して歯の位置や傾きは問題ないかなどを確認します。

3そして、最後に歯の型取りをします

クリンチェックこの歯型を取ることで、実際にお口の歯の大きさや顎の大きさの確認や、これを3D画像として取り込み、今のお口の中の状態をコンピューター上に再現します。

この3D画像のことをインビザラインを手掛けているアラインテクノロジー社ではクリンチェックソフトといい、コンピューター上で歯を動かし、どのように歯を並べていくのかをシミュレーションしていきます。

実際にこのように歯を動かしたいと指定すると、AI知能が、何百万人ものデータと照らし合わせながら、どのように歯を動かし、どのような歯並びにしていくのかを判断してくれます。

そして完成したクリンチェックソフトは、実際にコンピューター上でbefore・afterとして動かせるため、患者さんと一緒に矯正がどのように進んでいくかを見ることができ、イメージもつきやすく、患者さんのモチベーションにもつながります。
そして、満足いく歯並びになりそうでしたら、その3Dデータを元にマウスピースを作製していくのです。

大人の矯正歯科治療の費用

※税込み価格です。

初診相談 無料
精密検査・診断 33,000円
インビザライン 880,000円
ワイヤー矯正 770,000円
部分矯正 220,000円〜
挺出 33,000円
調整料 3,300円/回
一番上に戻る
TEL.072-655-8195WEBでご予約WEBでご予約LINEで再診予約LINEで再診予約Instagram
はこちら