インビザライン(マウスピース型矯正)

当院では、インビザラインというマウスピース矯正を行っています。

矯正ができるかの相談は無料で行っております。

みなさんは、インビザライン矯正って聞かれたことありますか?

みなさんは、インビザライン矯正って聞かれたことありますか?

歯科の矯正には、従来のように歯の表面に装置とワイヤーを付けて歯を動かす「ワイヤー矯正」や、そのワイヤーが目立ちにくいように歯の裏側に付ける「舌側矯正」など色々と種類があります。

当院ではマウスピース矯正の先駆け、世界中で使用されていて最も症例数が多く、信頼もできる、アラインテクノロジージャパンの「インビザライン 」という透明のマウスピース矯正を導入しております。

インビザラインは、19997年にアメリカのアラインテクノロジー社により開発され、世界中でのべ800万人を超える方が受けてこられた実績があります。

歯型を取り、その人にカスタムメイドで製造されたマウスピースを1日20時間以上装着し、約2週間で新しいものに交換していくことで、歯を少しずつ動かしていきます。
2週間ごとのマウスピースの交換はご自身で行っていただきますので、歯がきちんと動いているか、装置が取れたり浮き上がったりないかなどの定期的なチェックは、1〜3ヶ月に1回ですみます。

ワイヤーを交換するように、何枚ものマウスピースを交換して使用していくことで、歯の矯正ができるのです。

インビザライン矯正には、従来のワイヤー矯正と比べて多くのメリット

インビザライン矯正には、従来のワイヤー矯正と比べて多くのメリット

  • インビザライン矯正で使用するマウスピースは透明に近いので目立ちにくいため、ワイヤー矯正と違い、マウスピースを装着していても他人からはほとんど分かりません。
  • また、食事や歯磨きの時には取り外しができるため、いつも通りの食事ができますし、普段通りに歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを使った歯のお手入れができます。
  • お口の中を衛生的に保つ事ができるため、ワイヤー矯正と比べて、虫歯になるリスクは減ります。
  • マウスピースはうすいプラスチックの素材なので、違和感が少なく話にくさもほとんどありませんし、金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。
  • ワイヤー矯正のように矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。
  • ワイヤー矯正と違い、マウスピースはご自身でつけ外ししていただくため、きちんと使用時間や使用方法を守っていただける方は、歯科医院での確認が少なく、通院回数も減らすことができます。

インビザラインのデメリット

こう聞くといいことばかりのマウスピース矯正「インビザライン」ですが、残念なことにデメリットもあります。

  • 長い装着時間を守らないとうまくいかないことがある
    歯を動かすには、弱い持続的な力をかけ続けないといけません。
    ワイヤー矯正の場合は歯に装置が装着されているので、24時間力がかかることになりますが、マウスピース矯正の場合、ご自身でしっかりとマウスピース をつけるようにしなければなりません。
    食事や歯磨きの時以外、1日20時間以上マウスピースをつけないと歯に力がかからず、思うように歯が動かない場合があるので注意が必要です。
  • 歯並びによっては対応ができない場合がある
    歯型をとってマウスピースをつける治療になります。マウスピースが入らないくらい歯がガタガタしていたりする場合、マウスピース矯正では対応できない場合があります。
    その場合はワイヤーを用いて少しずつ歯を動かしていく必要があります。

インビザライン矯正の治療の流れ

1初診、口腔内診査

初診、口腔内診査はじめにご自身の歯並び、噛み合わせのどこが気になるかを聞かせていただきます。そして、実際にお口の中をみて、治療前の歯並びや噛み合わせはどうか、虫歯や歯周病がないかを確認します。
虫歯や歯周病がある場合は、インビザライン矯正をする前に治療を行う必要があります。

2矯正用精密検査

矯正用精密検査インビザライン矯正を始めるにあたり、様々な検査を行います。
実際に今の歯並びや噛み合わせはどういう状態なのかを写真撮影をして記録します。
また、歯の並びとお顔全体のバランスを見るために、お顔の写真も撮影します。

写真だけではわからない重なり具合や、今後どのように歯を動かしていくかを見るために、歯の型取りを行います。
歯並びや噛み合わせは、歯だけの問題ではなく、顎の骨の大きさや歯とのバランスによって決まるため、顎の骨や歯の位置を確認するためにセファログラム(頭部エックス線規格写真)というレントゲン写真を撮ります。

3診断、治療説明

診断、治療説明精密検査で集めた資料をもとに、現在の歯並びや噛み合わせ、顎の骨の位置や大きさを確認し、どのように歯を動かしていくかを診断します。

インビザライン矯正では取った歯の型をコンピューターでスキャンし、インビザラインを開発したアライン・テクノロジー社が独自に開発した3Ⅾ治療計画ソフトウェア(クリンチェック)に読み込みます。そして、そのクリンチェックを使用し、患者さんのお口の状態に合わせてカスタマイズされた3Ⅾの治療計画を作成します。

すなわちコンピューター上で現在の歯並びを最終的にどのようにしていくかを作成することで、矯正後の歯並びやどのように歯が動いていくのかを見てイメージすることができたり、治療に何枚のマウスピースがいるのか、治療期間がどれくらいかかるのかを予測できます。

これらの検査結果や診断内容を行い、インビザライン矯正の治療の流れを説明します。

4マウスピース作成

マウスピース作成インビザライン矯正を受けることに同意していただければ、マウスピースの作成を依頼します。
その後、マウスピースが届き次第、インビザライン矯正が開始されます。

5矯正開始、経過の確認

矯正開始、経過の確認インビザライン矯正をするにあたって、歯の重なりがある場合は、歯の間を少し削ってスペースを確保したり、大きく動かしたい歯にはアタッチメントという歯と同じ色のプラスチックの小さい装置をつける必要があります。
これらの処置は歯科医院で行いますが、マウスピースの装着や交換はご自身でしていただくことになります。
マウスピースは1日に20〜22時間つけていただき、2週間ほどで次のマウスピースに交換していただきます。
はじめは1ヶ月に一度ほど来院していただき、きちんと歯が動いているか、マウスピースに問題はないか、付けている装置が取れていないかなどを確認します。
その後、問題がなく経過が順調であれば、来院していただく期間を長くしていきます。

6保定、メインテナンス

保定、メインテナンス全てのマウスピースが終了後に微調整が必要な場合は、再度歯型を取り、追加のマウスピースの作成をする場合があります。
治療終了後、歯の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となることがあります。
あとは、インビザライン矯正で動いた歯が戻ったりしていないか、虫歯や歯周病がないかを定期的メインテナンスにより確認していきます。
矯正治療と聞くと、歯の並びをよくするものだとイメージされる方がほとんだと思います。

しかし、矯正治療により歯並びや噛み合わせが良くなると、虫歯や歯周病になりにくくなる、顎関節症になりにくくなる、肩こりや頭痛になりにくくなる、消化が良くなるといったお口の中だけではなく、全身の健康にもつながります。

矯正治療は時間や費用がかかりますが、長い人生で見ればたった2、3年の時間や費用をかけるだけで、残りの何十年の人生が大きく変わります。
思いっきり笑って笑顔に自信を持ちたい方、歯並びが気になる方など何か気になる事があれば、お気軽にお問い合わせください。

ワイヤー矯正と違って、マウスピース矯正(インビザライン)はご自身でマウスピースを取り外ししたり、きれいにしたり、交換する必要があります。
ですので、患者さん自身がしっかり使い方や約束事を守らないと、うまくいかないことがあります。
ワイヤー矯正の場合、付ければ後は歯磨き等を頑張り、定期的に歯科医院でワイヤーを交換してもうらうだけですが、マウスピース矯正(インビザライン)は大部分をお願いすることになります。
ワイヤー矯正と違い、面倒な部分は多いと思いますが、その分、

  • 目立たない
  • 歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシができお口の中を清潔に保てる
  • 食事の制限がない
  • 話しやすい
  • あまり痛くない
  • 金属アレルギーがない

などの大きなメリットが得られるのです。

手間はかかると思いますが、しっかりと使い方や注意事項を守って、キレイな歯並び、噛み合わせを手に入れ、充実した人生を手に入れましょう。

インビザライン(マウスピース矯正)におけるリスクや合併症

  • マウスピースは1日20〜22時間つけないとはガウガかない場合があるため、その時間が守られない場合や、定期的な予約が守られない場合、または特殊な形をした歯がある場合は、治療が長引く可能性があり、望まれる治療結果にならない場合があります。
  • 使用していたマウスピースから、次の段階のマウスピース に交換した後、歯に圧痛がでる場合があります。
  • 歯茎や頬、舌にマウスピースによる擦り傷や、強く当たって痛みがでる場合があります。
  • 矯正治療終了後、動かした歯の位置が後戻りする場合がありますが、リテーナーと呼ばれる固定用のマウスピースを使用することで、そのリスクを下げることができます。
  • 甘いものを食べたり、飲んだりした後、マウスピースを装着する前にきちんと歯ブラシやフロスなどの口腔ケアを行わなかった場合、虫歯や歯周病になるリスクがあります。
  • マウスピースは薄いですが、一時的に舌がもつれたりと、発音・会話がしにくくなる場合がありますが、1〜2週間で慣れるにつれ、軽減していきます。
  • マウスピーを装着することで、一時的に唾液が増加したり、減少する可能性があります。また、服用している薬剤により、さらに唾液が増減する可能性があります。
  • インビザライン(マウスピース矯正)の治療過程で、歯の移動を効率よく行うために、一時的に歯の表面に歯と同じ色のアタッチメント(樹脂、プラスチック)をつける場合がありますが、治療終了後には全て取り除きます。
  • アタッチメントは取れることがあるので、再装着が必要になる場合があります。
  • 歯の移動のスペースが足りない場合、歯を少し削る必要がある場合があります。
  • 治療途中で歯が動き噛み合わせが変わるため、一時的に噛みにくくなる恐れがあります。
  • 歯ぎしりや食いしばりがある場合、マウスピースの表面が多少すり減ることがあるが、マウスピースの性能や強度が落ちることはありません。
  • 矯正治療の最終段階で、噛み合わせの調整が必要になる場合があります。
  • 歯が特殊な形をしていたり、生えている途中、歯がない場合、マウスピースの適合性や矯正治療の結果がうまくいかない場合があります。
  • 前歯が出過ぎていたり、乳歯がある場合、顎の骨が小さい場合など、マウスピースに加え、補助的な治療が必要な場合があります。
  • マウスピースだ気では治療が難しいような場合は補助的な装置や、被せによる治療が必要になる場合があります。
  • 長期間重なっていた歯を動かした場合、歯茎が下がることがあります。
  • マウスピースでは、インプラントの歯は移動できません。
  • 全体的な健康状態や、医薬品の服用が、歯列矯正治療に影響を与える場合があります。
  • 正治療により、歯を支える顎の骨や歯茎の健康状態に影響を与える場合があります。
  • 歯のガタガタが強かったり、顎の位置が悪い場合には、インビザライン を始める前に、外科的な治療が必要な場合もあります。
  • 矯正により、歯の寿命を縮める場合があり、神経を取る治療や被せを入れる治療が必要になることがあります。また、過去に歯の損傷があったり、大きな被せが入っている場合、さらに悪化する場合があります。
  • 既に入っている被せ物が取れたりした場合、再装着や作り直しが必要になる場合があります。
  • 歯茎から出ている歯が短い場合、マウスピースによる力がかかりにくく、歯の移動ができない場合があります。
  • 歯の矯正中、力がかかることで歯の根っこの長さが短くなることがあり、歯の寿命が縮む場合があります。
  • 歯のガタガタが強かったり、歯がない部分が多い場合、マウスピースの破損の可能性が高くなります。
  • まれに、顎関節に問題が生じる場合があり、それにより顎の関節の痛みや、頭痛、耳鳴りが生じる場合があります。
  • まれにアレルギー反応が生じる場合があります。
  • 全ての歯を、少なくとも部分的にマウスピースで覆っていないと、歯の位置が変わることがあります。
  • まれに、遺伝性疾患である遺伝性血管性浮腫(HAE)の患者さんの場合、矯正治療や歯科治療で、喉頭などに急性発作が生じる場合があります

ここに書いてあることは、多くの場合当てはまらない、ご自身で回避できることもありますが、誰にでも起こりうる可能性はあります。

矯正治療は高額な治療ですし、長い年月もかけて頑張っていただくため、起こりうる可能性があることは、知っていただいてから、治療を受けていただきたいと思います。

これらを理解していただいた上で、矯正治療を受けられ、頑張ったあとは、きっと素晴らしい人生のスタートになるでしょう。
どんな些細な質問も受け付けておりますので、ぜひ気軽のご相談ください。

インビザライン(マウスピース矯正)の取り扱いについて

インビザライン(マウスピース矯正)の取り扱いについて

  • マウスピースは食事や歯磨きの時以外、1日20〜22時間を目安に装着する。
  • 1つのマウスピース につき、約2週間使用し、その後は新しいものに交換する。
  • マウスピースをつける前に、しっかりと手洗いをする。
  • マウスピースは上、下、それぞれ1つずつきちんと入れてください。
  • マウスピースを装着する前は、きちんと歯磨きをしてください。

インビザライン(マウスピース矯正)の使用方法について

  • マウスピースは段階に応じて、番号が印字されているので、しっかりと番号を確認して使用してください。
  • マウスピースは上、下分かれていますので、間違えないように使用してください。
  • マウスピースは上、下どちらからつけても構いませんが、つけるときは指先(指の腹)でしっかり、ゆっくりと力を加えてください。
  • マウスピースをつける時は、専用のアライナーチューイー(ゴム製の綿のようなもの)を2〜3分間で浮き上がりのないようにしましょう。
  • 新しいマウスピースに交換する時は、歯に入りにくく、浮き上がりやすいため。アライナーチューイーを20〜30分噛むようにしましょう。
  • マウスピースを付けた状態で、飲食を行わないようにしてください。(破損や着色の恐れあり)

マウスピースの取り外しについて

  • どちらか左右片方の奥歯の内側から、指先や爪を使ってマウスピースを浮かせてください。
  • 一方が浮いたら、左右もう一方も浮かせて、奥のマウスピースが浮いている状態にします。
  • マウスピースの奥歯の方から浮かせて、少しずつ前歯に向かってマウスピースを取り外していきます。
  • 新しいマウスピースほ付けた直後は、取り外しにくいため、必要に応じてハンカチなどを用い、指先や爪を傷つけないようにしてください。
  • マウスピースを外した後は、水洗いし、しっかり水気を取り、専用のケースに入れて保管し、紛失しないようにしてください。
  • 破損を防ぐために、不用意な取り外しはやめましょう。
  • 歯に複数のアタッチメント(効率よく歯を動かすためにつけた、歯と同じ色のプラスチック)がある場合は、取り外しに気をつけてください。
  • 無理に曲げたり捻ったりしないでください。
  • マウスピースの取り外しに、歯茎を傷つける恐れがあるため、尖ったものを使用しないでください。
  • マウスピースが取り外しにくい場合は、一度ご連絡ください。

マウスピースのメインテナンスについて

  • マウスピースを外した後は、外側も内側も、柔らかい歯ブラシで水洗い、もしくは少量の歯磨き粉をつけてキレイにしてください。
  • マウスピースを磨いた後は、十分に水ですすいでください。
  • マウスピース用の洗浄剤がありますので、週に一度つけ洗いするのがおすすめです。
  • マウスピースの洗浄に、入れ歯洗浄剤やマウスウォッシュ(洗口剤)を使用しないでください。(表面を傷つけたり、透明感がなくなり着色する原因になります)

口腔ケアについて

  • 飲食時にはマウスピースを外すようにしてください。(冷たい水を飲む時はつけたままで構いません、白湯は高温すぎると変形の恐れがあります。)
  • 再度マウスピースをつける前には、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどの口腔ケアをしっかり行ってください。
  • 虫歯や歯周病になっていないか、定期的な歯科検診、クリーニングを受けましょう。
  • 衛生面で気になることがありましたら、ご質問ください。

マウスピースの保管について

マウスピースの保管について

  • 取り外したマウスピースは専用のケースに保管するようにしましょう。
  • 不具合があった場合、前のマウスピースに戻ることがありますので、1つ前のマウスピースをしばらくの間保管するようにしましょう。
  • マウスピースは子供やペットが届かない場所に保管するようにしましょう。

インビザライン(マウスピース矯正)でよくある質問

マウスピース矯正は痛いですか?

矯正では歯を動かすために、歯に力がかかりますので、多少の痛みを伴います。何枚ものマウスピースを交換していくにあたり、特に新しいマウスピース に交換した際は、歯にかかる力が大きく、数日は痛みを感じることがあります。何日も使っていくうちに、歯が動いていくにつれ、痛みはなくなっていきます。

マウスピースを付けたまま話せますか?

もちろん話せます。厚みも薄く、そこまで違和感はないと思いますが、人によってははじめは話しにくいと感じられるかもしれませんんが、使用していくうちに徐々に慣れていくと思います。

マウスピース矯正をしている間、食事の制限はありますか?

食事の際はマウスピースを外していただくため、基本的には食事の制限はなく、普段通りの食事を楽しめます。ただし、歯が動いていくことで、一時的に噛み合わせが変わるため、噛みにくい可能性はあります。

マウスピースを付けた状態で、温かい飲み物や冷たい飲み物を飲むことはできますか?

冷たい水でしたら、マウスピースを付けたまま飲んでいただいても構いません。水以外のものは、虫歯の原因になったり、マウスピースが着色してしまう可能性があるため控えましょう。温度の高いものは、マウスピースの変形の恐れがあるため、白湯であっても控えてください。

マウスピースを付けたまま、ガムは噛んでもいいですか?

ガムがマウスピースに引っ付いて、取れにくくなる可能性があるため控えてください。

マウスピースを付けたまま、タバコを吸ってもいいですか?

マウスピースが変色する原因になりますので、マウスピースを付けたままの喫煙は控えてください。

マウスピースに突起物がついていたり、凹んだ部分があるのは何故ですか?

インビザラインによるマウスピース矯正では、しっかりと歯を動かすために、またマウスピースを固定するために歯にアタッチメントと言われる突起物をつける場合があります。その突起物が収まるスペースとしてマウスピースに突起物がついている箇所があります。また、歯を内側に引っ込める力がかかるよう、マウスピースに凹んでいる部分がつく場合があります。

マウスピースが壊れたり、なくした場合はどうなりますか?

一度担当の先生にご相談ください。場合によっては追加の費用がかかる場合があります。

よくある質問をまとめさせていただきましたが、矯正を始める前や、実際にインビザラインによるマウスピース矯正を初めて疑問に思うことはあるとは思います。

ここに書いてある以外でも、どんな些細な疑問点でも、気軽にご質問ください。

インビザラインの費用

※税込み価格です。

初診相談 無料
精密検査・診断 33,000円
インビザライン 880,000円
調整料 3,300円/回
一番上に戻る
TEL.072-655-8195WEBでご予約WEBでご予約LINEで再診予約LINEで再診予約Instagram
はこちら