歯科金属によるアレルギー症状と治療について

みなさんは、アレルギーはないでしょうか?
アレルギーには食物アレルギーや薬のアレルギー、花粉やほこりなど様々あります。

中でも歯科医院に関連するもので、金属アレルギーがあります。
虫歯が大きく進行し、残っている歯が少ない場合、歯型を取って被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)で治します。

その場合、保険治療では「銀歯に」なることがほとんどです。
銀歯といっても様々な金属の合金でできており、銀(Ag)以外にも、金(Au)、銅(Cu)、インジウム(In)、イリジウム(Ir)、パラジウム(Pd)などの金属が含まれております。

また、入れ歯の針金(クラスプ)や、被せを入れるための土台(コア)にも金属が使われています。
また、一般的に日常で触れる金属にも、かなりの種類があるため、金属でアレルギーが出るといっても、どの金属にアレルギー反応を起こしているか、調べる必要があります。

今回は、金属アレルギーがある方の歯科治療におけるポイント(症状や治療)についてお話しさせていただきます。

金属アレルギーがある方の歯科治療におけるポイント(症状や治療)について

金属でアレルギーが起こる仕組み

金属アレルギーとは、金属に触れた部位が、数時間から数日後に赤く腫れたり、湿疹が出たりなどの炎症が起きることをいいます。
お口の中の金属アレルギーの症状としては、口内炎ができやすかったり、舌の痛みを生じたり、唇が赤く腫れたりすることがあります。

では、なぜ金属でアレルギーが生じるのでしょうか?

金属アレルギーは、触れている金属が直接アレルギーを出しているわけではなく、アクセサリーや銀歯などから溶け出した金属イオンが体内に吸収され、タンパク質と結合してアレルゲン(抗原)となることで、アレルギー反応が起こります。

歯科の治療では、被せ物や詰め物、入れ歯など金属の材料を用いることが多く、口の中に入れた金属が原因で金属アレルギーを引き起こす可能性が十分にあります。

しかし、金属アレルギーはすぐに症状が現れるわけではなく、免疫反応により、時間がたってから生じるため、遅延型アレルギーと呼ばれます。

また、金属イオンは体内に吸収され、体を循環するため、口内炎や舌の痛みなど口腔内の症状だけでなく、口の周りや背中、手足など、全身の皮膚に発赤や湿疹などの症状が現れることもあります。
皮膚科にかかり、長年治らなかった皮膚の湿疹などが、お口の中の銀歯を除去したことで治ったというケースもよくあります。
また、お口の中に金属を入れてから数年たった後に急に発症することもあるため、要注意です。

歯科金属によるアレルギー症状

・口腔粘膜の炎症

歯科金属が入っている周りの粘膜がただれることがあります。
また、口内炎が頻繁にできやすかったり、唇や口角に炎症を起こすこともあります。

・口腔扁平苔癬

頬の粘膜や歯ぐきが白くただれる難治性の慢性疾患です。
白いレース状に粘膜が硬くなり、周囲に炎症が生じます。
潰瘍やびらんができた場合は、触ると痛かったり、食べ物が食べにくくなります。
まれにがん化することがあります。

・接触性皮膚炎・湿疹

お口以外の全身の皮膚に炎症が生じる場合があります。
湿疹が出たり、触れると痛いといった症状が現れます。

・掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひらや足の裏に、膿が溜まった白い水疱(水ぶくれ)が繰り返しできる病気です。
水疱や膿が潰れては繰り返したり、痒みを伴うことがあります。

金属アレルギーの治療

金属アレルギーの治療
金属製のアクセサリーをつけると皮膚がかぶれる、原因不明の湿疹や粘膜炎などがあり、金属によるアレルギーが疑われる場合は、まずは皮膚科での受診が必要になります。
金属アレルギーの可能性が疑われる場合、数ある金属の中から、どの金属にアレルギー反応を示すのかを調べるパッチテストを受けましょう。

もし、歯科で使う金属に問題がなければ、皮膚科で薬物療法や生活指導(金属製のアクセサリーや日用品などに気をつける)で改善すると思われます。
しかし、お口の中の歯科金属が疑われる場合は、相談の上取り除く必要があるかもしれません。

銀歯以外でも、入れ歯の針金(クラスプ)に使われている金属や、歯の中の土台(コア)に使われている金属など様々な可能性が疑われれるため、歯科医院でのきちんとした診査・診断が必要になってきます。

そして、お口の中の金属を取り除いた後は、金属を使わない材料で、治療をする必要があります。

小さい部分的な銀歯でしたら、プラスチックの材料(レジン)で対応できます。
銀の被せ物の場合、力がかからない歯でしたら白いプラスチックの被せ物(CADCAM冠)で治します。
奥歯で力がかかりやすい歯は、保険外のセラミックやジルコニアの材料を使用し対応することが多いです。

また、入れ歯の場合は、アレルギーの少ない金やチタンを使用した入れ歯や、金属を使用しないノンクラスプデンチャーで対応が可能です。
原因がわからない湿疹や皮膚炎、粘膜炎の原因が口の中の歯科金属を取り除くと治る場合は多くあります。

しかし、歯科金属を取り除いても治らない場合もあります。
歯が原因の慢性炎症や、咽頭や扁桃の炎症が原因で、病巣感染によりアレルギーに似た症状が出る場合があります。

その場合は、炎症の原因になっている疾患を治療する必要があります。
アレルギーは原因がわからないことが多いため、色々な診査をして、考えられる可能性を潰していき、様子を見ることが多いです。

金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

一番上に戻る
TEL.072-655-8195WEBでご予約WEBでご予約LINEで再診予約LINEで再診予約Instagram
はこちら