子供の歯ぎしりの原因と治療

子供が歯ぎしりをしている、大丈夫か気になるという方はいませんか?

子供の歯ぎしりの原因

子供の歯ぎしりの原因原因は、年齢によって様々です。

歯が少ない乳幼児の場合、なかった場所に歯が生えてくるので、安定して噛める場所を探していると言われています。

生え変わりが始まる6歳前くらいからは、生え変わりや顎の成長により噛み合わせがどんどん変わるため、歯ぎしりにより噛み合わせのバランス調整をしていると言われます。また、日々の環境の変化などで子供もストレスを感じますので、それが原因の可能性もあります。

子供の歯ぎしりの治療

治療に関して、子供の歯ぎしりは生理現象なので、特に何もしないことが多いです。
成長による口の中の変化に、頑張って順応しようと頑張っているのだと思い、見守ってあげてください。

少しでも、歯ぎしりを減らす、ストレスを減らすために、

  • 出来るだけ愛情を注いであげる
  • リラックスして眠れる環境を整える
  • 早寝早起きなど、規則正しい生活リズムにする

などを心がけてみてください。

ただし、長期にわたって続いている場合や、大人の歯が生えそろっていてもしている(中学生くらいになっても)場合は、歯がすり減ったり、顎の関節にまで悪影響を及ぼす場合もあります。

その場合は、歯や顎を守るためにナイトガード(寝る時用のマウスピース)を作製することもありますので、一度ご相談ください。

一番上に戻る
TEL.072-655-8195WEBでご予約WEBでご予約LINEで再診予約LINEで再診予約Instagram
はこちら