ブログ

2020.04.22

唾液ってすごいんです

唾液ってすごいんです唾液と聞くと、「つば」や「よだれ」が思い浮かび、あまり良いイメージがないかもしれません。
しかし、唾液はお口だけでなく、全身にとっても非常に大事な役割があります。

今回は、唾液の働きについてお話しさせていただきます。
唾液の99%以上は水分でできており、残りの1%に消化や免疫、抗菌作用などの働きを持つ成分が含まれております。

唾液には、以下のような様々な役割があり、健康に生きていく上でとても大事なものです。

自浄作用

歯や歯の間に付着したプラークを洗い流します。

抗菌作用

むし歯菌や歯周病菌の増殖を抑えます。

pH緩衝作用

飲食後、酸性に傾いたお口の中のpHを中和させます。

再石灰化作用

飲食後に溶けかかった歯の表面を修復します。

消化作用

アミラーゼという酵素がデンプンを分解し消化しやすくします。

粘膜保護・潤滑作用

粘性のあるムチンという成分が粘膜を保護し、食事や会話をスムーズにします。

粘膜修復作用

上皮成長因子と神経成長因子が傷を治します。

唾液にはこのような素晴らしい役割が多数あり、中には「魔法の液体」と呼ぶ方もいるくらいです。
とくに唾液が減少することで、感染症にかかりやすくなるので、食事の際はしっかりと噛んで唾液の分泌を促すようにしましょう。