ブログ

2020.08.23

おくすり手帳をお持ちください

おくすり手帳をお持ちくださいみなさんは、日常的にお薬を飲まれていますでしょうか?

生活習慣や加齢による病気であったり、生まれつきの病気があったり、アレルギーだったりと、年齢や性別を問わず、お薬を飲まれている方は多いと思います。

そういう方は、おそらくお医者さんや薬局で「おくすり手帳」を作り、持っていると思います。
「おくすり手帳」をお持ちの方は、歯医者さんに来る際も、ご持参をお願いしております。

え?歯医者でいるの?と思われるかもしれませんが、必要になる場合があります。
それは、

  • 普段飲んでいるお薬と、こちらで出すお薬は一緒に飲んでも大丈夫か
  • 外科処置(歯を抜く、歯ぐきを切る、インプラントのような外科処置)に、飲んでいるお薬は影響しないか
  • どういうお病気があるのか

など、きちんと把握するためです。

歯科治療において、命に関わるような治療や処置は基本的にはありませんが、飲んでいる薬やお病気でその可能性が少しでもある場合に、きちんと事前確認をするためです。

今のお病気や飲まれている薬によっては、治療計画の変更や延期をしないといけない場合もあります。
安心、安全な治療を提供したいと思いますので、「おくすり手帳」をお持ちの方は、初診時にご持ちいただくようお願いします。

スマートフォンなどのアプリや電子おくすり手帳の場合もご提示ください。