ブログ

2020.10.16

「カリエスチェック」のご紹介

今回は、むし歯治療の際に用いる道具をご紹介します。

その名も日本歯科薬品の「カリエスチェック」です。

カリエスチェック

どういうものかというと、むし歯になっているところを染め出す道具です。
むし歯になった歯の表面は、実際に黒くなっていたり、茶色いので見ただけでわかることが多いです。

また、むし歯になっている歯の部分は溶けて柔らかくなっているため、我々歯科医師は、トレーニングや日々の経験の中で、手や指先の感覚で、むし歯になって柔らかい部分と、健全な硬い歯の部分は、ある程度わかります。

しかし、実際のむし歯では、黒くなっていなくてもむし歯になっていたり、感覚でむし歯を全部取り除いたと思っても、見えにくい器具が届きにくい箇所に、むし歯が残ってしまうことがあります。

そのまま気が付かずに、削った穴を埋めてしまうと、残ったむし歯から再度むし歯が進行してしまいます。
だからと言って、むやみやたらに削りすぎることもよくありません。

そこである程度むし歯を削り取った後、目で見たり、感覚でわかりにくい、むし歯の取り残しがないかを「カリエスチェック」で染めて確認します。

カリエスチェックはむし歯に感染されていて、もう復活すること(再石灰化)がない部分だけを染めることができ、反対にむし歯になっていない健全な歯は一切色に染まりません。

カリエスチェック

方法は、むし歯を取った後に、表面を乾燥させ、カリエスチェックの液をたらします。

そして、水で洗い流し、よく観察します。
むし歯を完全に取り除いていると、カリエスチェックは残らず、きれいになります。

しかし、少しでも部分的にむし歯が残っていると、カリエスチェックに染まった部分が残ります。
(写真は赤色のカリエスチェックを用いた場合です)

カリエスチェック

この部分をもう一度削りとり、再度カリエスチェックで染めて確認します。

そして、色が染まらなくなれば、むし歯の除去が完了します。
カリエスチェックにはレッドとブルーがあり、当院ではブルーを使用しております。

性能は同じなのですが、色が見やすいのと、歯の神経(歯髄)の近くまで進んだ深いむし歯では、歯の中にある血管の色が薄く透けて見えることがあり、レッドだと血管の色なのか、液体の色なのか判別がしにくいからです。

むし歯は、見た目以上に進んでいることがあります。
レントゲン写真なども見ながらむし歯を削って取っていきますが、削りすぎはいけませんし、逆に取り残しもいけません。

むし歯になっている部分を、最小限の削る量で、確実に取り除く、それを可能にしてくれる「カリエスチェック」のご紹介でした。
歯科医院での治療の半数は、以前に行った治療部分の再治療だと言われております。

治療を繰り返すたびに、歯は削られ、ご自身の歯はどんどんなくなっていきます。
再治療にさせない、確実な治療を行うため、「カリエスチェック」を用いながら、日々頑張っていきたいと思います。